葉酸の1日の必要量ととり方について

葉酸は水溶性のビタミンですので、一度にまとめて摂って蓄えておくことができません。

そのため、毎日必要な量を摂取しなければならないのです。一日の必要量は、年齢や性別によってある程度異なりますので、自分にどれだけの葉酸が必要なのかを知っておくとよいでしょう。

最も大きな違いは妊娠しているか、もしくは妊娠する可能性があるかどうかです。

妊娠の可能性のない女性や、男性の場合、1日に240μgの葉酸摂取が推奨されています。これは、12歳以降は何歳になっても同じであり、もちろん歳を取っても葉酸を摂り続けることは必要です。

上限とされる量に関しては成人が子どもよりもやや高い値になりますが、それでも1,200~1,400μgの間の違いなので、それほど大きな差があるわけではありません。なかなか上限を超えて葉酸を摂りすぎるというケースはあまりないでしょうから、葉酸サプリを多用するのでないかぎり気にする必要はないでしょう。

妊娠中の女性や妊娠する可能性のある女性の場合は、この葉酸摂取推奨量が一気に多くなり、1日あたり400μgの摂取が推奨されています。これは、胎児の成長のために激しく細胞が増殖する際に葉酸が大量に必要とされるためです。

最も葉酸を多く摂る必要があるのは妊娠する1カ月前から妊娠3カ月の間。一般的に妊娠に気づいたときにはすでに妊娠2ヶ月前後になりますから、妊娠してからの摂取では遅すぎるということになります。そのため、妊娠の可能性のある女性は普段から葉酸を多く食品や葉酸サプリ摂ることを心がけておく必要があるのです。

ちなみに、ホウレン草2株に含まれる葉酸は約120μg。一般的な推奨摂取量240μgはホウレン草4株程度になりますので、それほど摂るのが難しい量ではありません。
ただし、妊娠の可能性のある女性に推奨される400μgを毎日となると、なかなか摂れないケースもありますから、その場合は市販の葉酸サプリメントを使うのが便利です。手軽に必要な葉酸を摂ることができるので、常備しておくとよいでしょう。

  • サイトマップ
  • お問い合わせ・ご利用上の注意

このページの先頭へ