葉酸サプリメントと青汁を両方とってもいいの?

妊娠中は葉酸サプリを飲んでいるという女性は少なくありません。一方で、健康のために青汁を飲んでいるという人も多いでしょう。商品にもよりますが、青汁にも葉酸は含まれています。葉酸サプリメントと、青汁を両方飲むことは、葉酸の過剰摂取にならないのでしょうか?

結論から言うと、サプリメントの用量を守り、よほど大量の青汁を飲まない限りそれほど心配することはありません。

葉酸サプリメントは、多くの場合妊婦が一日に摂取することが推奨されている400μgが一日分です。一日の葉酸摂取の上限は1300~1400μgですので、サプリメントの他に食品などから葉酸を摂取しても取り過ぎにならない量になっているのです。

一方、青汁に含まれる葉酸の量は、だいたい100~200μg。一日一杯の青汁であれば、サプリメントと合せても500~600μgの摂取ですから、食事を考慮しても問題のない量ということになります。

そもそも、葉酸は水溶性のビタミンですので、摂り過ぎても尿に溶け出して排出されます。そのため、摂り過ぎについてはそれほど心配することなく、むしろ不足しないようにしっかり摂ったほうが良いでしょう。

実際、葉酸の吸収率は食品から摂取した場合が50%、吸収率の良いサプリメントでも85%程度ですから、自分が摂ったと思うほどは体内に吸収されていないものです。特に野菜中心の食生活だから葉酸をたくさん摂りすぎているかも、と思っても加熱したり水洗いするうちにかなりの量の葉酸が減ってしまっている可能性はあります。

それを考えると妊娠中など、葉酸をしっかり摂りたい時期は特にサプリや青汁で補ってやるのは良いことだと言えるでしょう。青汁を朝晩飲むという人や、それでも摂り過ぎが気になるという場合は、サプリを一日分の半量にするなど、量の調整をしながら飲むと安心です。青汁は葉酸の他、ビタミンやミネラルなど幅広い栄養分を摂ることができる食品なので、妊娠中も積極的に飲むようにするとよいでしょう。

  • サイトマップ
  • お問い合わせ・ご利用上の注意

このページの先頭へ