無脳症と葉酸サプリの関係

無脳症とは、胎児の神経管が形成される際に、神経管の上部に閉鎖障害が起きることによって、脳が形成されなくなる先天疾患のことです。

脳が機能しないというのではなく、形成されないために頭部がない状態で発達することになり、額から上の頭蓋骨がないままで胎内で成長していきます。生命維持も難しい状態が多く、胎内では生存できても出産後は生き続けることは困難で、死産となったり、1週間以内で死亡するケースがほとんどです。

比較的早い段階での発見が可能であることから、日本では胎児が無脳症だという診断を受けると堕胎を選択する人がほとんど。母体への負担を考えても、早期に堕胎を行うという選択はやむを得ないといえます。

この無脳症は神経管の閉鎖障害のひとつであり、妊娠4~5週目に形成される神経管の不全によるものです。

日本では1万人に5人前後が発症すると言われており、原因については完全に解明されているわけではありません。この無脳症を含む神経管閉塞障害の確率を下げることに葉酸が関係していると言われており、実際に妊娠初期に葉酸を摂取していた女性のほうが、無脳症の発生確率が低くなったという研究データも発表されています。


神経管が妊娠4~6週という非常に早い時期に形成されるために、妊娠に気づいてから葉酸を摂取しても神経管の形成には間に合わず、妊娠前から葉酸サプリメントを服用するなど日常的に葉酸を摂っておくことが大切です。

とはいえ、無脳症の原因がすべて葉酸不足にあるのではなく、十分な葉酸を摂っていても無脳症になる赤ちゃんはいるのが現状です。

先天的な疾患ということで、母親が責任を感じてストレスを感じることも多いのですが、原因も治療法も解明されていない現在、どうしようもない点もあります。

葉酸サプリメントを摂ることで、少しでも発症の確率を下げることができるのであれば活用するべきですし、ビタミンBのひとつである葉酸の摂取は母体にも胎児にも良い影響を与えるのは間違いありません。

  • サイトマップ
  • お問い合わせ・ご利用上の注意

このページの先頭へ