妊婦さん以外の方のための葉酸サプリの選び方をまとめました

テレビや雑誌などで葉酸に興味を持って、いざ健康のために葉酸サプリを探してみても妊婦さんのための情報がほとんどで、なかなかそれ以外の人のための葉酸サプリの選び方については情報がありません。

妊婦さんは通常より多くの葉酸を摂ることが勧められているため、妊娠していない人が同じ葉酸サプリを同じ量飲むと過剰な摂取になってしまいますので、そのことも意識して葉酸サプリを摂ることも大事になってきます。

ここでは健康のために、安心して葉酸サプリを飲むために葉酸サプリを選ぶポイントについて解説していきます。

GMP認定工場なら信頼感はかなり高い

葉酸サプリの選び方で、大切なのは何と言っても製造の工程です。

GMP認定工場とは、Good Manufacturing Practice(適正製造規範)の略で、原材料の受け入れから、製造から、出荷に至るまで、工場に関わるすべての工程で、製品が安全に作られ、一定以上の品質を保つようにできている、製造工程管理基準を守っている工場のことです。

葉酸サプリは、サプリを製造する工程で、濃縮や混合などが行われるため、製品中に含まれる成分量にばらつきがでたり、汚染などによって有害物質が混入する恐れがあります。これを未然に防ぐために、GMPが導入されています。国際的にも認知度が高く、GMPの義務化や自発的な取り組みなどが推進されており、GMP認定工場で作られた葉酸サプリであれば、体に取り入れても安全度がかなり高いということになります。

特に、葉酸サプリはその働きの上で、子宮や体細胞などの体のデリケートな部分に作用しますので、GMP認定工場で作られている葉酸サプリであれば安心だと言えます。

推奨されているのはの合成葉酸のモノグルタミン酸

葉酸には、100%天然成分で作られた天然葉酸と、工場で生成された合成葉酸があります。一見、天然素材の葉酸のほうが良いように思えますが、実は葉酸サプリに限ってはこれは間違いなのです。天然葉酸は、確かに天然素材なのですが、天然の葉酸は吸収率がとても低く、摂取しても水溶性のため、体に吸収されません。葉酸は食品での摂取が非常に難しい栄養素です。厚生労働省が、妊娠を希望する人、妊娠中の人には一日400μgの葉酸摂取を推奨していますが、これは、天然葉酸ではなく合成葉酸での摂取を推奨しているのです。妊娠をしていない人も、一日400μgを基準として葉酸サプリを飲むといいでしょう。

天然葉酸をポリグルタミン葉酸、合成葉酸をモノグルタミン葉酸とも呼びます。厚生労働省が推奨しているのは、このモノグルタミン酸葉酸のことです。

吸収率が全く異なり、合成葉酸が体内での利用効率が85%以上なのに大して、天然葉酸は利用効率が50%程度しかありません。よって、400μgを摂取しても、天然葉酸では、吸収されて体内に代謝されるのは、わずか200μgしかありません。確実に体内に葉酸を取り込むためには、食事から葉酸を400μgではなく、サプリメントから合成葉酸を400μg取り込むのが大切なことになるのです。

無添加で無味無臭で小さめのものが続けやすい

サプリメントや合成葉酸は工場で作られています。そこで、着色料、香料、人工甘味料、保存料、膨張剤などの余計な成分が一切入っていない、無添加のものを選びたいところです。また、粒が小さめで飲みやすいものがいいでしょう。サプリメントは粒が小さめのほうが飲みやすいのです。においも無味無臭のもののほうが、毎日続けるには最適でしょう。においがなく、小さくて飲みやすいものを選ぶようにしましょう。

サプリメントだけでおなかいっぱいになってしまわないように、小さなものがいいでしょう。また、葉酸はμgという表示からも、非常に容量の小さな成分です。よって、葉酸サプリは必然的に、良質なものは小さくなります。あまり大きなサプリメントは、よけいな成分がたくさん入っているので、望ましくありません。できるかぎり小さなものを選びましょう。

ビタミンB12は葉酸の再利用を助ける

ビタミンB12は、葉酸と協力しあって作用してくれる栄養素です。DNAの合成や細胞分裂の働きを助けるためだけでなく、血液に必要なヘモグロビンを合成することから、貧血の予防にも一役買ってくれます。葉酸の再利用を助ける効果もあります。葉酸だけでなく、同時にビタミンB12も摂取できるものの方が望ましいのです。

また、葉酸を体内で活性型に変換する作用のあるビタミンCなども配合されているものを選ぶとより心強いです。その他、体に必要なビタミン・ミネラルの他、鉄分やアミノ酸なども配合されているものを選ぶようにしましょう。

その他の栄養素も入っている

食品だけでは摂れない栄養素を補うため、特にサプリメントに頼ることになりがちです。サプリだけでお腹いっぱいになってしまっては、本末転倒ですし、お金もかかります。そこで、葉酸サプリに野菜や美容成分などが配合されているものを選びましょう。

ビタミンとミネラルが豊富で、鉄分、アミノ酸、カルシウム、乳酸菌など、体に欠かせない成分がたっぷりはいったものが望ましいです。できれば、国産の野菜などが配合されている方が嬉しいですね。その他の栄養素からも葉酸サプリを選んでみましょう。

放射能テストや残留農薬テストを行っている

東日本大震災の後以降は、野菜や果物などの食品の放射能汚染が心配されています。

セシウムなどを体に取り込んでしまっては有害です。葉酸サプリメントにおいても、体に有害な原料が入っていないことを確認しましょう。原料の放射能チェックや、セシウムの確認などをしっかりと行っている会社を選ぶといいでしょう。

国産にこだわる

海外産だと、表示されている成分の半分しか葉酸が入っていなかった、そんなこともありえます。サプリメントは見た目でも飲んでも、その成分が本当に入っているかはわかりません。パッケージの表示を信じるしかないのです。行政が行った検査によって、国産のものは葉酸が表示の誤差の範囲内でしっかりと含まれていたことがわかっています。出処不明の海外産は避けて、国産の葉酸サプリを選ぶようにしましょう。

また、原料の葉酸だけでなく、その他の成分も、国産の野菜や成分などで作られているものを選べば、より安心です。原料となる野菜などがどこの国で生産されているかをしっかりと確認し、安全で安心で、丁寧に原料を作ってくれている国産の葉酸サプリを選びましょう。サプリメントの実際の中身がわからないため、販売業者などをしっかりとチェックして、安心できる生産体制を持っているかどうかは、重要な判断の基準となるでしょう。

  • サイトマップ
  • お問い合わせ・ご利用上の注意

このページの先頭へ