葉酸サプリメントは妊娠前から必要なの?

葉酸は妊婦に必要な成分として知られていますが、本来は妊娠前からサプリメントなどを利用して摂っておくべきビタミンです。そもそも、葉酸の必要性が広く認識されるようになったのは、2000年に厚生労働省が出した葉酸についての見解がきっかけでした。それによると、十分に葉酸を摂っている母親から生まれた赤ちゃんは、二分脊椎などの先天的な神経管閉鎖障害のリスクが著しく下がるというものでした。つまり、葉酸が不足していると、胎児に影響があるということです。それをきっかけに、国内でも葉酸サプリメントが広く利用されるようになりました。

しかし、難しいのはこの葉酸は妊娠してから摂ったのでは遅いということ。葉酸は、細胞が新しく生成されるときに補酵素として必要になる成分です。そして、胎児にとって最も葉酸が必要となるのが妊娠初期。受精卵がどんどん細胞分裂を繰り返し、新しい細胞が爆発的に増える妊娠初期に葉酸が足りないと、神経管閉鎖障害などになってしまう可能性があります。この時期に十分な葉酸を使うには、もっと前から葉酸を摂取しておくことが必要です。具体的には、妊娠前の1カ月から妊娠3カ月までの時期が、女性が最も葉酸を摂るべきタイミングになるのです。

しかし、妊娠は計画通りにはいかないのもの。妊娠したくてもなかなか出来ないこともあれば、妊娠する予定ではない時に妊娠してしまうこともあります。避妊をしていたとしても、その避妊法が100%とは限らないのですから、性交を行うパートナーがいる女性は、妊娠の予定に関わらず常に葉酸を取っておくことが推奨されるのです。予定外の妊娠の場合は特に、妊娠したことに気づいたのが妊娠3カ月の時期だった、ということも少なくありません。そうなると、最も葉酸を摂るべき時期をもう逃してしまっているということになります。もちろん葉酸はそれ以降も必要な成分ですから、それからでも飲むことは大切なのですが、出来る限り妊娠前から葉酸を摂る習慣をつけておいたほうがよいのです。

  • サイトマップ
  • お問い合わせ・ご利用上の注意

このページの先頭へ