妊娠初期の葉酸サプリメントの重要性

葉酸サプリメントを最も飲むべきなのは、妊娠初期です。妊娠前の1カ月から妊娠3カ月が最も葉酸サプリメントを摂る必要がある時期ですが、難しいのはその時期だとまだ妊娠したことに本人が気づいていないということです。妊娠が成立するのは、受精卵が子宮に着床したタイミングであり、そこから新しい細胞が猛烈に増えることで胎児は成長してきます。その初期の時期に葉酸が不足すると、二分脊椎などの先天的な神経管閉鎖障害を起こす可能性があるとして、厚生労働省から葉酸をしっかり摂るように通達があったのです。

通常、成人の場合葉酸は一日に240μg摂ることが推奨されています。女性でも、妊娠していなければその量で充分です。そして、日本人は普段の食事で1日300μgの葉酸が摂取できているという調査結果があるように、特に葉酸が不足しているわけではありません。しかし、妊婦や妊娠しているかもしれない女性は、妊娠初期に胎児が行う爆発的な成長で大量の葉酸が必要とされるため、一日400μg以上の葉酸を摂ることが必要とされているのです。この400μgの葉酸は、普段の食生活ではなかなか摂れない量であり、特にジャンクフードや西洋料理の好きな若い女性にとっては非常にハードルの高い数字です。そのため厚生労働省でも、葉酸サプリメントなどを使って摂取することを勧めているのです。

現在は、たくさんのメーカーから葉酸サプリメントが発売されており、その多くは妊婦が必要とする400μgが一度に摂れるように作られています。また、サプリメントの葉酸は、一般的に食品から摂る葉酸よりも吸収率が高いため、効率よく葉酸を摂ることができるのもメリットです。どの葉酸サプリメントを選ぶのかは自由ですが、コラーゲンや他のビタミンなど美容にも良い成分を配合したものなどもあるので、そういったものを選ぶのもいいかもしれません。妊娠前、特に未婚の女性は葉酸を摂るという発想がない人も多いのですが、現代は子どもができたから入籍ということも珍しくないので、可能性がある場合は葉酸サプリメントを飲んでおくことが大切です。

  • サイトマップ
  • お問い合わせ・ご利用上の注意

このページの先頭へ