合成成分の葉酸サプリメントだから危険というのは間違い

葉酸に限らず、サプリメントのパッケージには、必ず原材料が記載されていますが、葉酸サプリメントの場合、その原材料は大きく二つに分けられます。他の原材料に混ざって「葉酸」の記載があるものと、葉酸の文字がなく植物の種類などが羅列してあるものです。

後者の植物の種類が並んでいる場合は、それらの植物から抽出された葉酸を使っているということ。つまり、天然成分由来の葉酸だということです。それでは前者の「葉酸」とは一体何かというと、これは化学的に生成された合成成分になります。

よく「石油から作られた葉酸に注意!」などと言った注意喚起を目にすることがありますが、これは必ずしも正しい注意ではありません。

石油から作られたものを体内に入れるというと、ギョッとする人もいるかもしれませんが、現在の医薬品の中にはそうして作られるものも多く、それが体に悪影響を与えるわけではありません。石油がプラスチックや燃料になることから体に悪いイメージがあるかもしれませんが、そもそも石油は天然資源ですし、もちろん葉酸に加工したものと石油とは大きくかけ離れているので、石油を口にするようなイメージを持つのは間違いです。

ちなみに、合成葉酸は天然の葉酸に比べて体内での吸収率が高いことがわかっています。

もちろん合成葉酸の品質にもよりますが、天然の葉酸の吸収率が50%程度なのに対して、合成葉酸は85%。この吸収率の高さこそ厚生労働省が妊婦に葉酸サプリメントを勧めるポイントなのです。

徹底した品質管理の下で作られた合成葉酸は、農薬や放射能のリスクのある天然葉酸よりも安全性が高いという人もいますし、やはり口にするものは天然由来のものでないと嫌だという人もいます。

どちらの葉酸サプリメントが良いというのは、利用する人の好みもありますから自分が納得できるものを選ぶのが一番。少なくとも合成葉酸だから体に良くない、というのは間違ったイメージであり、合成葉酸ならではのメリットもあるということも理解しておきましょう。

  • サイトマップ
  • お問い合わせ・ご利用上の注意

このページの先頭へ