厚生労働省も推奨する葉酸サプリ

葉酸について厚生労働省が初めて声明を出したのは2000年のことです。

二分脊椎など、神経系の胎児疾患を予防する効果があるとして、妊娠中や妊娠する可能性のある方は葉酸を積極的に摂取することが推奨されたのです。

海外ではもっと早くから葉酸の必要性が知られており、日本はこれでも遅いくらいでした。

2002年からは、母子手帳にも葉酸を摂りましょうという内容の記述が追加され、葉酸の必要性が広く知られるようになりました。

とはいえ母子手帳が配布されるのは妊娠が確定となってからですから、妊娠の1カ月前から妊娠3カ月にかけての妊娠初期に最も必要とされる葉酸を摂取するには、遅すぎるという声があるのも確かです。

葉酸という名前から緑黄色野菜に含まれる成分だということはなんとなくわかっても、具体的に何を食べればよいのかわかりづらいのも難しい点でした。

この時に、厚生労働省は葉酸サプリの有用性についても言及しており、実際に食事だけで十分な葉酸を摂るのが難しいこと、特に妊娠初期の場合は通常の倍量の葉酸が必要とされるために不足の恐れがあることを危惧しています。

また、食品に含まれる葉酸の量はわかっても、そのうちどれだけの葉酸が体に吸収されるかがはっきりしていないことから、当面妊娠中や妊娠の可能性のある女性は、サプリメントで葉酸を補ったほうがよいという見解が明らかにされました。

研究によると、食事から摂る葉酸は、食品に含まれる量の半分程度しか体内では活用できないとのこと。そうなると、十分に葉酸と体内で機能させるためには、サプリメントを併用して必要な量を補ってやるしかないでしょう。

厚生労働省が推奨するサプリメントでの葉酸摂取量は1日400μg。

つまり、食事で摂る以外に400μgの葉酸をサプリメントで摂取することが求められています。

また、出来るだけ1日の摂取量が1㎎つまり1000μgを超えないようにするとの記載もあります。実際には食事だけでそれだけの葉酸を取りいれるのは大変なので、サプリメントとのバランスをよく考えながら利用していくとよいでしょう。

  • サイトマップ
  • お問い合わせ・ご利用上の注意

このページの先頭へ