葉酸サプリメントって危険じゃないの?

妊娠中の女性や妊娠する可能性のある女性が不足しがちな葉酸を補ってくれる葉酸サプリメントですが、利用するにあたってはその危険性も理解しておくべきでしょう。といっても、もちろんどのサプリメントにも危険性があるわけではありません。現在、葉酸サプリとして非常に多くの製品が販売されていますが、その品質は決して均一ではなく、安全で良質の葉酸サプリを消費者が探していくしかないのです。

そもそも、葉酸サプリは葉酸が不足すると胎児に影響が現れるということで多くの人が利用するようになったサプリメントです。そのため、普段サプリメントを飲みなれていないけれど葉酸は飲んでおこう、という人も多く、選ぶときもどの葉酸サプリを選んでよいかわからない人も少なくありません。実際には、葉酸に限らず添加物いっぱいのサプリや、葉酸の配合量の少ないサプリなどもたくさんありますし、特に妊娠中は胎児に影響を与える可能性があるので、サプリメント選びは普段より慎重に行う必要があるのです。
参考:独立行政法人国民生活センター「胎児の正常な発育に役立つ「葉酸」を摂取できるとうたった健康食品」の調査

まず注意すべきなのは、添加物が使われているかどうかということ。実際、葉酸の配合量が高い良質のサプリであっても、全く添加物を使っていないものはほとんどありません。しかし、香料や着色料などは明らかに不必要な添加物ですし、それを使っているということはさらに不要な添加物が含まれている可能性もあります。それらの添加物が胎児に危険性を与えるかどうかはわかりませんが、少なくとも添加物がプラスに働くことはありませんので、摂らないに越したことはありません。添加物の中には、胎児がアトピーなどのアレルギー症状を持つ原因になると言われるものもあります。

その他、葉酸自体も天然由来のものと、合成成分を使ったものがあります。合成成分を使った葉酸は、吸収率が高い反面、過剰摂取をしたときにトラブルを起こすことがあるという危険性があります。とはいえ、適正な使用であれば問題はありませんし、むしろ高い吸収力で効率よく葉酸を摂取できるので、一概に合成成分が危険だとはいえません。

  • サイトマップ
  • お問い合わせ・ご利用上の注意

このページの先頭へ